テニスのツボ

超理系な現役テニスコーチによるテニス情報ブログです。 「誰かに話したくなる」ようなテニス雑誌にも載っていないような 超マニアックなことをお伝えしていきます。 トッププロの情報や自身の選手活動も定期的に更新中です。

夏暑いですね!熱中症に気をつけてテニスをしましょう。
けいコーチです。

ブログ始めて1ヶ月半くらい経ちました。
忙しくて2日に1回くらいしか更新できていないですが、大目に見て下さい汗

私事ですがテニスルールブック買いました。
今までは昔買ったコートの友(旧ルールブック)に最新情報を確認しながら使っていたのですが、ブログも始めたし間違ったことは書けないな、と思いまして

こちらがコートの友
 IMG_20190806_194856
2004年から15年も使っていたんだなあ・・・
表紙も中身もボロボロです。


そしてこちらがテニスルールブック
IMG_0991
 

今までより大きく見やすくなりました。 
IMG_20190806_195838
新ルールブックはB5サイズです。


テニスのルールはそこまで複雑ではないので試合を何回かやれば覚えられるのですが、大会に出たりする方は是非持っておくことをお勧めします。

「え、そんなに詳しく知らないくても困ったことないよ」

という方もいらっしゃるかと思うので、私のエピソードを1つ。

ジャッジが汚い相手との試合


かなり前の話ですがJOPの試合に出た時、対戦相手のジャッジがかなりひどくオンラインは全てアウトにされてしまいました。(JOPはほぼセルフジャッジです) 

皆さんならどうしますか?


ルールブックにはこうあります。

セルフジャッジの方法 
9)次の場合はレフェリーまたはロービングアンパイアに速やかに申し出る。
 ②相手のコール、フットフォールト等に疑問、不服のある時 
(ロービングアンパイア=3〜4面を見ているアシスタントレフェリー)


私は何回かのミスジャッジのあとロービングアンパイアを呼びました。



さあ、ロービングアンパイアになんて言うといいでしょうか?

今のボール絶対入ってたのに、こいつわざとイモジャッジするんだよ!

でしょうか。 

これよりもっと有効な解決方法があります。


トラブルが起こった時のレフェリーの仕事


レフェリー・アシスタントレフェリーの仕事
14)コール(判定)に関するトラブル(クレーコート以外)の対応は以下の通りとする。
 aその事実を見ていなかった場合、コール(判定)をした選手に対して、その判定は正確に行ったかどうか尋ねる。正確に判定したことが確認された場合はそのコールが成立する。



要するに相手がアウトだ、と主張したら覆らないということです。
しかし次の項にこうあります。

bその試合に主審をつけたほうが良いと判断した場合は、SCU又は全てのコールをする主審をつけることができる。適切な主審が見つからない場合は、レフェリー(アシスタントレフェリー)、ロービングアンパイアのいずれかがコートに入って、明らかに間違った判定をオーバールールする。その場合は1回目であっても失点する


このルールを知っていたので私は次のように主張しました。

疑わしい判定が多いので審判をつけて下さい

そうなんです。セルフジャッジでも審判を要請することはできるんです。

私の主張を聞いたロービングアンパイアの方はそのままSCUになってくれました。

SCU=ラインの判定以外をする審判。コール(判定)はしないがコールが間違ってる時にオーバールールすることができる
 
SCUがついてから相手は1回オーバールールされた後は疑わしいジャッジはなくなり、最終的にファイナルのタイブレークで私が勝ちました。


もしこのルールを知らなかったらずっと相手のジャッジにイライラしながらプレーして、最終的に負けていたでしょう。

こんなことは滅多にあることではないですが、覚えておいて損はないと思います。


これを見てルールブックを欲しいな、と思った方は日本テニス協会の公式サイトから購入できますので、一度見てみて下さい。



それではまた、良いテニスライフを。 

テニスのランキングって少しわかりづらいですよね。
今回は実際の選手のデータを使いながら、ランキングの決め方について解説します。
(今回は男子テニスの解説になります)


全ての選手に当てはまる基本ルール


大会に出場し勝つとラウンドに応じたポイントが手に入る。

グランドスラムは優勝で2000p、ATP250は優勝で250pと大会のグレードにより獲得ポイントは異なりますが、勝ち進んだ分だけポイントがもらえます。グランドスラムとマスターズを除き初戦で敗退すると獲得ポイントはありません。

獲得したポイントは1年間有効
ポイントを取った週から1年間経過するとポイントは無くなります。したがって、ランキングを維持するためには昨年と同じラウンドまで勝ち進まないといけません。

最大18大会のポイントの合計がランキングポイントになる

どれだけ多くの大会に出場してもランキングに反映されるのは最大18大会で、その他のポイントは切り捨てられます。(ツアーファイナルは18大会に入らないので、ツアーファイナルに出場した選手は最大19大会の合計がランキングポイントになります。)

グランドスラムとマスターズは強制加算

グランドスラムとマスターズの本戦に出場した場合、早期敗退してもそのポイントは強制加算になります。

以上が基本ルールになります。

コミットメントプレーヤーと出場義務

コミットメントプレーヤーとは前年末付けの世界ランキングで30位以内に入った選手のことです。この30位以内の選手には次の義務が与えられます。

グランドスラムとマスターズの出場義務
コミットメントプレーヤーはグランドスラム4大会及びモンテカルロを除くマスターズ8大会の全てに出場する義務が発生します。もし怪我などで出場できなかった場合強制的に0ポイント扱いになります。

ATP500の4大会の出場義務
コミットメントプレーヤーはATP500の11大会のうち4大会に出場する義務が発生します。(モンテカルロマスターズはATP500としてカウントされます。)また、4大会のうち1大会は全米の後の大会に出場する義務があります。これも出場できなかった分は0ポイント扱いになります。

つまりコミットメントプレーヤーはグランドスラムの4大会、マスターズの8大会、ATP500の4大会の合計16大会が出場義務でATP250やチャレンジャーでのポイントは2大会までしか反映されません(厳密には違うのですがほぼそう思って間違いないです)
一方30位に入れなかった選手はどの大会に出ても自由です。チャレンジャーでポイントを稼ぐのも大きな試合に挑戦するのも自由にできます。
スクリーンショット 2019-08-05 23.57.05

コミットメントプレーヤーには義務が目立ちますが、メリットもあります。

マスターズの皆勤ボーナス
皆勤賞のようなボーナスがあります。もらえる条件は
①その年のマスターズに7回以上出場
②その年の世界ランキングで12位以内

参加回数とランキングに応じて2000万円〜3億円のボーナスがもらえます。

ATP500大会に本戦から出場できる
どんなにランキングが落ちてもその年はATP500の大会には本戦から出場できます。

出場義務の免除規定


コミットメントプレーヤーでも以下の条件を満たすと出場義務が一部免除されます。

①満30歳以上
②12大会以上出場した年から12年経過
③通算600試合以上

全てその年の1月1日時点で達成している必要があります。
②についてはデビスカップの出場や2009年以前はチャレンジャーもカウントされるなど少しわかりにくいので、正確に調べるのは少し手間がかかります。

この3つの条件を達成した数に応じてマスターズの出場義務が減ります。1つ達成すると1大会、2つ達成すると2大会、3つ全て達成すると全てのマスターズの出場義務がなくなります。

ちなみに錦織圭選手は②の12年経過は達成しているので1大会免除されています。さらに今年通算600試合達成し、12月29日に30歳になるので来年にはマスターズの出場義務がなくなります。

いろいろな選手のランキングの紹介

文字で書くとわかりにくいので、実際の選手のデータを使ってまとめにしたいと思います。



スクリーンショット 2019-08-05 16.35.41
※IW=インディアンウェルズ

まずは日本のマクラクラン勉選手のダブルスのペアでお馴染みのストルフ選手。マスターズのマイアミでの10pは対象外のバーゼルの45pより低いですが、マスターズは強制加算なのでそちらが優先されています。もしマイアミに出ていなければ35p加算され、1300pだったことになります。





スクリーンショット 2019-08-05 17.11.15

続いてチャレンジャーで2週連続決勝進出と復調している杉田祐一選手。ランキングが低いので強制加算は3大会だけであとは全て加算されています。ポイントを取れていない大会も含めると1年間で29大会に出場しています。試合が世界中で行われていることを考えるとかなり精力的にツアーをまわっています。






スクリーンショット 2019-08-06 1.47.08


続いて錦織選手。コミットメントプレーヤーなので出場義務はかなり多くなっていますが、出場義務含め20大会に出場してポイントを獲得できなかった大会は0。大会数を絞って効率的にランキングを上げているように思います。




スクリーンショット 2019-08-06 1.50.32


ちょっと特殊なケースで同じくコミットメントプレーヤーのチチパス選手です。
ATP500は4大会の出場義務があるはずなのに3大会しかなく、ATP250の大会が3つもポイントに加算されていますね。
実はATP500は出場の義務はありますが、強制加算ではないんです。ポイント対象外のモンテカルロ、バーゼル、楽天、バルセロナはATP500で(モンテカルロは実際はマスターズ)うちバーゼルと楽天は全米以降の大会なので出場義務は満たしているのです。
もしこの4大会に出場していなければATP250から1つ除外されATP500に0ポイントが加算されます。ほんとにわかりにくい・・・

では最後はクイズ形式にします。
ダニエル・メドベージェフ選手の出場大会でどの18大会がポイントの対象になるのか当ててみて下さい。電卓をお持ちの方は実際に計算するとより理解が深まると思います。
ちなみにメドベージェフはコミットメントプレーヤーです。


スクリーンショット 2019-08-06 2.31.40


この下に答えを載せています。
















答え
スクリーンショット 2019-08-06 2.28.07

それではまた、よいテニスライフを。

追伸:モンテカルロは厳密にいうと強制加算大会ですが、本当にややこしくなってしまうのでとりあえず「モンテカルロはATP500扱い」ということにしました。
 

普段の練習に一味加えるだけで効果的な練習になる、がテーマの
ドリルの味付け
シリーズをスタートします。

第1回の今回は2対1のストロークラリー練習です。
スクリーンショット 2019-08-04 22.20.18
3人で練習するとこの形で始めることが多いと思います。
3人って中途半端で4人なら2コースでラリーできますが、3人だとどうしても1人休むかこの2対1の形になってしまうんですよね。
結構2人の方は半分しかボールが飛んでこないので散漫になりがちです。

でもちょっと工夫を入れるだけで効果的な練習にもなるんです。
それではこの形での練習に一味加えてみます。

同じ人に2球以上打つ

まず大前提としてあるのが誰が、どこに、どんなパターンで打つのか
これが練習効率を上げたり下げたりする一番大事なポイントです。

練習効率を上げるために一番最初に見直して欲しいのはボールの配球です。
よく見かけるパターンで下の図のように手前の人が奥の2人に1球ずつ交互にボールを打つ練習をしている人がいますが、これは練習効率を下げています。

おそらく片方の人が退屈しないように、という意味で2人に交互に打っているのだと思いますが、これだと手前の人は「クロスに来たボールをストレート(フォア)」「クロスに来たボールをストレート(バック)」の2種類のショットの練習にしかなりません。

スクリーンショット 2019-08-04 22.37.48


これを同じ人に2球ずつ打つことで
「クロスに来たボールをクロス(フォア)」
「クロスに来たボールをストレート(フォア)」
「クロスに来たボールをクロス(バック)」
「クロスに来たボールをストレート(バック)」 

4種類の練習になります。
スクリーンショット 2019-08-04 22.55.41
シングルス・ダブルス共にベースになるコースはクロスですので、同じ人に最低2球ずつ打つことでクロスにも打つ練習になります。さらに3球ずつにすれば「クロス→クロス→ストレート」のパターンになります。(4球以上続けるとさすがに片方が暇になりすぎるかも・・・)

とにかく1球ずつ打ち分けるのは練習効率が悪いのでやめたほうがいいと思います。



バリエーション



ここからはバリエーションをいくつか紹介します。

センターに戻る動きを入れる
スクリーンショット 2019-08-05 0.45.01


スライスを回り込んで打つ
スクリーンショット 2019-08-05 0.52.51



ロブを使った練習
スクリーンショット 2019-08-05 1.03.49



振り回し
スクリーンショット 2019-08-05 1.23.36



◯本決めるまで帰れまテン
スクリーンショット 2019-08-05 1.30.49



 

いくつか紹介しましたが、考えればまだまだあります。
ただ漫然と練習しても大きな効果は得られません。
いったいこれは何の練習なのか、考える癖をつけましょう。

それではまた、よいテニスライフを。 

↑このページのトップヘ