テニスのツボ

超理系な現役テニスコーチによるテニス情報ブログです。 「誰かに話したくなる」ようなテニス雑誌にも載っていないような 超マニアックなことをお伝えしていきます。 トッププロの情報や自身の選手活動も定期的に更新中です。

カテゴリ:テニスの技術 > メンタル

ゲームカウント4-4。
自分のサービスゲーム。
0-40
デュースに持ち込む為には3連続ポイントが必要。
0−40から、1点取って15−40から、2点取って30−40から、
あなたはどんなサーブを選択しますか?
スクリーンショット 2019-07-20 22.42.33
 

今日の話はメンタル・心理学の話です。
0−40という絶望的な状況でどんなプレーをするべきか、またどんなこと精神状態でいるのがベストなのか私なりの方法をお伝えしたいと思います。


0−40が起こる確率と挽回できる確率

スクリーンショット 2019-07-20 23.28.23
そもそも0−40はどのくらいの頻度で訪れるのでしょうか。
試合の展開や運を除いて純粋に確率だけで考えるとしたら、0−40になる確率はおおよそ12%〜5%くらいです。サーブ力があればあるほど0−40になりにくくなります(当たり前ですが)。

・2試合に1回くらい0−40になる 
・0−40になっても12%〜25%くらいは挽回できる

と思っておくといいと思います。


 
デュースまでの3ポイント分どんなサーブを打つか決めておく


0−40から打つサーブ、15ー40から打つサーブ、30−40から打つサーブ
どんなサーブを打つかは決めておくことをお勧めします。
後述しますが、私は微調整はあるものの3本ともファーストサーブ、入らなかった場合のセカンドサーブをどう打つか決めています。

重要なゲームで劣勢になると人間は混乱してしまいがちです。
特に試合経験が少ない人ほど混乱は大きくなります。
そして誤った判断をしてしまうのです。

だからこそ「0−40になった、じゃあこのパターンでいこう。だめならしょうがない。」という具合のいい意味での開き直り、諦観が必要なのです。

 
相手はきっとこう思っている


試合終盤の0−40、試合を決める絶好のチャンス。
相手はきっとこんなことを考えています。

・3回チャンスがあるからこのゲームは取れそうだ。
・1回くらいミスしても大丈夫だな。 
・セカンドサーブはダブルフォルトしないように安全に入れにくるだろうな。



要は心に余裕がある状態です。
無理して攻める必要もなく、チャンスボールがあれば思い切ったショットも打てるでしょう。

しかしこれが2本返して30−40になったらどうでしょうか。

・このポイントを取らないと。デュースにしたくない。
・このゲーム取れるはずだったのに、まずい。
・自分からミスしたくない。とにかくリターンを返そう。


まだリードにもかかわらず心が乱され始めるでしょう。
30−40の時点で精神的に優位に立てます。
 
万が一このゲームを逆転で取れたら相手のメンタルにかなりのダメージを与えることができます。

人間行動学のプロスペクト理論では人間は得たものよりも失ったものの方が2〜2.5倍影響を受けるという研究結果が出ています。
 
1万円を拾うことより一万円を落とすことの方が心に受ける影響は大きい、みたいなことです。

取れるはずのゲームを取れないと心のダメージは大きいのです。 

 
私がこの状況を迎えたら 


もし私が0−40になったらまずはセンターに60%くらいの確率で入るようなちょっとスライス気味のフラットでエースを狙いに行きます。セカンドになった場合も同じコースにちょっと回転を増やしてあわよくばエースを狙います。

スクリーンショット 2019-07-21 3.58.12
意図としては3ポイント連取するために攻撃的にいくぞ、という意思を相手に伝えることです。セカンドもファーストと同じコースを狙うのでミスしにくい。ファーストをセカンドの練習に使う感覚です。ちなみにこの後の2ポイントはエースは狙いません。あくまで印象付けをするためにこのサーブを打ちます。



15ー40になりました。
次に打つサーブはセンター気味にスピード重視のサーブ。70%くらいで入るようにあまりコーナーは狙いません。セカンドは逆にスピードが出ないように高く跳ねるスピンサーブを打ちます。
スクリーンショット 2019-07-21 4.13.03
意図は緩急をつけること。ファーストで速いスピードで打つことで相手に強打させず、あわよくばリターンミスを狙います。セカンドはあえて高く弾ませることを重視して打つことでタイミングをはずしにいきます。

30−40になりました。
最後は迷わずボディに打ちます。セカンドもスピード重視のトップスライスをボディに打ちます。
スクリーンショット 2019-07-21 4.26.34
ここまでくれば相手はいろいろ迷ってきていると思います。とことん迷わせます
0−40で打ったセンターも頭にあると思うので判断ミスを誘えるボディにしっかり打ち込むイメージで打ちます。回りこめるかどうか一瞬でも迷ってくれればOKです。


 と、こんな感じで私なら打ちます。
しかしこれはあくまで私の考えるパターンです。これが正解ではありません。


でも、0−40になったらどうするか、考えておくこと。

普段のサーブ練習で、そのパターンをしっかり練習しておくこと。

実戦で試してみること。

うまくいかなかったら他の方法を考えてみること。

うまくいったら覚えておくこと。

そして大事な試合で、うまくいったことを思い出してその通りにしてみる。



準備しておいて、損はありません。 

それではまた、よいテニスライフを。 


本日ニュースで「大坂なおみ 1位陥落」
というニュースが出ていました。

20151127_546_03


出展:tennis365.net

全豪オープンから約5ヶ月守り抜いた1位。
コーチが変わったり、いろいろ模索していくなかで
勝てない時期がでてしまうのは仕方のないことなのかもしれません。


テニスコーチ目線で見ると、大坂選手は
「心理状態が手に取るようにわかるけど、何を考えてるかよくわからない選手」
に見えます。

 大坂選手は試合中うまくいかないときに、態度で、体で表現します。

「あぁ!なんでうまくいかないの!」

そんな声が聞こえてきそうです。

でもその一方で、突然開き直ったようにサービスエースを狙い始めたり、
ストロークの威力を上げたり、得意ではないドロップショットを使ったり・・・


おそらく対戦相手や観客が見ている大坂選手と大坂選手自身が考える自分とでは
かなりイメージのギャップがあるのではないのかな、とよく思います。


テニスの試合では一方的な展開でも「少しの開き直り」でおおきく状況がかわることがよくあります。


うまくハマればとんでもない力を発揮するけどダメなときは全然ダメ、というのも彼女の”特長”なのかもしれません。

これからも良い意味でも悪い意味でも期待を裏切ってくれる。
良いときはグランドスラム優勝。
そんな選手になってくれることを願います。
もちろん出来るだけ負けないで欲しいですけどね。 

↑このページのトップヘ