テニスのツボ

超理系な現役テニスコーチによるテニス情報ブログです。 「誰かに話したくなる」ようなテニス雑誌にも載っていないような 超マニアックなことをお伝えしていきます。 トッププロの情報や自身の選手活動も定期的に更新中です。

カテゴリ: テニスの技術

サーブの技術のイメージを伝える時に
「上から下に打て」
と教えるコーチと
「下から上に打て」
 と教えるコーチの2種類がいます。

私は「上から下に打つべき」と考えている派です。。

もちろんイメージの話なので、どちらのイメージで打った方が打ちやすいかは教わる側の受け取り方や、コーチの伝え方で変わるのでどっちが正解、というのはないと思うのですが、「下から上に打つべき」派の代表的な謳い文句で次のような話があります。


ベースラインから相手コートのサービスラインまでの距離とネットから相手コートのサービスサービスラインまでの距離は比率にすると3:1の比率である。サーブを直線で打った場合、ネットの高さは約1mなので、打点の高さを3m以上にしなければ必ずネットしてしまう。よってサーブは下から上に打つべきだ。



スクリーンショット 2019-08-10 2.14.31
 図にするとこんな感じですね。

このことは私の愛読書「勝てる!理系なテニス 物理で証明!9割の人が間違えている”常識”」という本にも書いてあります。
因みに私は身長175cmくらいなのですが、ラケットをサービスの打点の高さに持っていくとスイートスポットまでの高さは地面から250cmくらいでした。サーブの時に軽くジャンプしますが、10cmくらいしか飛んでいないのでおそらく260cmが私の通常のサーブの打点の高さです
260cmだと当然3mより低いので直線で打つとネットしてしまいます。
ここまで異論はありません。

問題は「よってサーブは下から上に打つべきだ」という結論です。
ここは残念ながらこの本で唯一同意できませんでした。 (この本では被験者が下から上に打つ感覚で打ったらうまくいった!とのことなのでこの被験者の方には下から上へのイメージがあっていたと思います。)


本当はどっちが正しいのか



まず下から上か、上から下かを語る前にその中間の「地面と平行に打つ」とどうなるでしょうか?
スクリーンショット 2019-08-10 2.40.08


こんな感じで飛んでいきます。
ただ、地球には重力がありますので、当然時間とともに落ちていきます。スピードが速ければ遠くまで飛びますし、ゆっくりなら手前に落ちます。(重力加速度と空気抵抗)

スクリーンショット 2019-08-10 2.55.23



また同じスピードの場合はフラットに打った方が遠くまで飛び、トップスピンを多くかけると手前に落ちます。(マグヌス効果)
スクリーンショット 2019-08-10 3.01.39


このことから地面と平行に打つと「80キロくらいで」、とか「このくらいスピンをかけて」打つとサービスボックスに入るなー、とあくまで感覚ですが理解できます。




では地面と平行より上、すなわち下から上に打つとどうなるでしょうか?
起こる現象は同じです。スピードが速ければ遠くまで、遅ければ手前ですが、発射角が上になった分より遠くに飛ぶようになります。


スクリーンショット 2019-08-10 3.14.05


そうすると地面と平行の時に入っていた80キロのサーブは今までより飛んでしまうので、手前に落とすためにはスピードを落として50キロで打つか、よりスピンの量を増やすしかありません。





それに対して上から下に打つとどうでしょうか。


スクリーンショット 2019-08-10 3.20.39



発射角が下がったので今まで飛びすぎていた120キロが入るようになりました。

このように上から下に打ってもネットより上を狙う直線であれば、ボールのスピードや回転を調整すればサービスボックスには入ります。むしろ下から上に打って速いサーブを入れるのはかなり無理があります。「直線で入らない=下から上に打て」ではちょっと短絡的かな、と思うところです。

ここまで書いておいてなんですが、私は高く弾ませたいスピンサーブの時だけは下から上のイメージで打っています。理由は高くから落とした方が高く跳ねるから(厳密にいうとバウンドの入射角が鈍角であるほど跳ねるから)。


スクリーンショット 2019-08-10 4.30.48

下から上に打つイメージでも実際は上から下に打っている人もたくさんいますし、最終的には本人が納得できるイメージで打てればいいとは思います。

それではまた、良いテニスライフを。

 

普段の練習に一味加えるだけで効果的な練習になる、がテーマの
ドリルの味付け
シリーズをスタートします。

第1回の今回は2対1のストロークラリー練習です。
スクリーンショット 2019-08-04 22.20.18
3人で練習するとこの形で始めることが多いと思います。
3人って中途半端で4人なら2コースでラリーできますが、3人だとどうしても1人休むかこの2対1の形になってしまうんですよね。
結構2人の方は半分しかボールが飛んでこないので散漫になりがちです。

でもちょっと工夫を入れるだけで効果的な練習にもなるんです。
それではこの形での練習に一味加えてみます。

同じ人に2球以上打つ

まず大前提としてあるのが誰が、どこに、どんなパターンで打つのか
これが練習効率を上げたり下げたりする一番大事なポイントです。

練習効率を上げるために一番最初に見直して欲しいのはボールの配球です。
よく見かけるパターンで下の図のように手前の人が奥の2人に1球ずつ交互にボールを打つ練習をしている人がいますが、これは練習効率を下げています。

おそらく片方の人が退屈しないように、という意味で2人に交互に打っているのだと思いますが、これだと手前の人は「クロスに来たボールをストレート(フォア)」「クロスに来たボールをストレート(バック)」の2種類のショットの練習にしかなりません。

スクリーンショット 2019-08-04 22.37.48


これを同じ人に2球ずつ打つことで
「クロスに来たボールをクロス(フォア)」
「クロスに来たボールをストレート(フォア)」
「クロスに来たボールをクロス(バック)」
「クロスに来たボールをストレート(バック)」 

4種類の練習になります。
スクリーンショット 2019-08-04 22.55.41
シングルス・ダブルス共にベースになるコースはクロスですので、同じ人に最低2球ずつ打つことでクロスにも打つ練習になります。さらに3球ずつにすれば「クロス→クロス→ストレート」のパターンになります。(4球以上続けるとさすがに片方が暇になりすぎるかも・・・)

とにかく1球ずつ打ち分けるのは練習効率が悪いのでやめたほうがいいと思います。



バリエーション



ここからはバリエーションをいくつか紹介します。

センターに戻る動きを入れる
スクリーンショット 2019-08-05 0.45.01


スライスを回り込んで打つ
スクリーンショット 2019-08-05 0.52.51



ロブを使った練習
スクリーンショット 2019-08-05 1.03.49



振り回し
スクリーンショット 2019-08-05 1.23.36



◯本決めるまで帰れまテン
スクリーンショット 2019-08-05 1.30.49



 

いくつか紹介しましたが、考えればまだまだあります。
ただ漫然と練習しても大きな効果は得られません。
いったいこれは何の練習なのか、考える癖をつけましょう。

それではまた、よいテニスライフを。 

先日の記事で

100km/hで飛んでくるボールをボレーするとき、飛んでくるまでの時間は約0.5秒かかる。
人間はボールを見てからボレーの位置にラケットを移動するまで0.38秒かかる。


という話をしました。詳しくは下の記事をご覧ください。 

今日はその話の続きです。



選択が増えると反応は遅くなる


反応時間に関しては昔から様々な研究がされてきているのですが、その中でヒックの法則というのがあります。これは簡単に言うと

人間は選択肢が増えるほど意思決定に時間がかかる

というものです。
5つの選択肢の中から1つを選ぶよりも、2つの選択肢から1つを選ぶ方が早いということが実験によりわかったそうです。
 スクリーンショット 2019-08-02 22.26.35

公式


これは数式によって導くことができます。

反応までの時間=x+y・log2(n+1)

x=意思決定を除く所要時間(ラケットを動かす時間の0.2秒)
y=意思決定にかかる時間 (脳に信号が行くまでの0.18秒)

次の表は選択肢の数とその反応までの時間です。
選択肢が1つだと0.38秒ですが、2つだと0.48秒、3つで0.56秒とどんどん増えていきます。

スクリーンショット 2019-08-02 3.11.09スクリーンショット 2019-08-02 3.42.29

 
フォアボレー、バックボレー、そして・・・


前衛のあなたにボールが飛んできたときに選択肢はいくつあるでしょう。

まず右利きなら体の右側に飛んできたらラケットの表で触りますね。
これがフォアボレーです。
逆に左側に飛んできたらラケットの裏で触りますね。
そうです。バックボレーです。

あともう一つあります(スマッシュじゃないですよ)
なんだと思いますか。



答えはアウトの判断。すなわち打たない 、という選択肢があります。

つまりボールが飛んできたらフォアか、バックか、アウトかの3つの判断をしているのです。

3つの選択肢から反応までの時間は上の表から0.56秒
ボールが飛んでくるまでの時間は・・・約0.5秒

あれ、間に合いませんね。

そうです。3つから判断していると間に合わないんです。 

 
まず準備しましょう


テニスコーチから、部活の顧問から、
「スタートが遅い!アウトか判断する前にまず動け!」
 みたいなことを言われたことがある人も多いと思いますが、これは実は合理的なことなんです。

まず判断するのはフォアかバックかの2つ。

それからそのボールがアウトかどうか判断するようにします。

3つから判断だと0.56秒で間に合いませんが、2つなら0.48秒。間に合うのです。 
スクリーンショット 2019-08-02 23.58.47

 
応用


例えば至近距離で相手のポーチボレーをキャッチする場面で、どこに飛んできてもバックで取る、と決め打ちするのは効果的です。
肩よりも低いボールは多少フォア側に飛んできてもバックで取ることができます。さらに肩よりも高く飛んでくる速いボレーはアウトになる確率が高いので、判断する余裕がないと思ったらバックでとりましょう。
スクリーンショット 2019-08-03 1.54.20

それではまた、よいテニスライフを。
 

ダブルスであなたが前衛にいるとします。ネットから1mの位置にいるとしましょう。
そこにあいてがベースライン上からあなためがけてボールを打ってきました。
相手が打ってきたボールの速さが100km/hだとすると、ボレーするまでの時間の余裕はどれくらいだと思いますか?
スクリーンショット 2019-07-23 18.45.17

100km/hはどのくらいの速さかいうとスクール初中級〜中級くらいの人がちょっと速いな、と思うくらいです。
一般の上級者の男性の速い方だと110km/hくらい、プロだと130km/hくらい出ます。

それでは早速計算してみたいと思います。
 

100km/hのボールが来るまでの時間


100km/mのボールが1秒で進む距離
100km/h÷3600秒=27.777…m

相手とあなたの距離
11.885+1=12.885m

12.885m÷27.777m=約0.46秒

実際は空気抵抗によって減速するのですが、それでも相手が打ってから約0.5秒であなたは打たなくてはいけません。
スクリーンショット 2019-07-31 23.51.48

0.5秒と言われてもどのくらいかピンと来ない方に



AKB48の恋するフォーチュンクッキーという曲をご存知ですか?2015年に役所や自治体が踊ったりして有名になったあの曲です。
あの曲のサビの
こいするフォーチュンクッキー
『こ』で打ってきたボールを
『す』で打ち返す。
これが0.5秒です。(この曲はBPM120ですからね) 

人間の反応時間


相手が打ってからボールを打つまで脳の中ではどんなことが起こっているのでしょうか。
スクリーンショット 2019-08-01 0.31.56

まず、相手が打った瞬間視覚(ボールの映像)と聴覚(打球音)の2つが脳に飛んできます。
そして脳から手や足にボールを打つよう指令が出ます。

視覚聴覚情報が脳に行き、指令が出るまでの時間がおよそ0.18秒かかります。
これは以下の要素によって0.15秒〜0.3秒くらいまで個人差があります
・年齢(20代以降衰える)
・性別(研究によると男性の方がやや早い)
・疲労
・酒、薬物(カフェイン、ニコチン含む)

そして脳から指令が出てから筋肉を動かしてラケットを操作します。
ボレーする位置にラケットを持っていくのにおよそ0.2秒かかります。

指令が出るまで0.18秒+ラケットの移動0.2秒
0.38秒

これが人間の反応限界と言われています。 

0.38秒で間に合う限界


100km/hのボールは約0.5秒で飛んできますが、もっと速くなったらどうでしょうか。
スピードを上げて計算してみました。

100km/h→約0.46秒
110km/h→約0.42秒
120km/h→約0.39秒
130km/h→約0.36秒

※空気抵抗を考慮しない数値

130km/hになるとほぼ人間の反応限界に達するのでボレーをするのが困難になります。

こういったこともあり、トッププロではサービスダッシュをするプレーは少なくなっています。
特に最近はダブルスで常識だった並行陣を取らない男子選手も増加傾向になっています
このあたりはまた今度・・・

[結論]
ベースラインから打たれた100km/hのボールは約0.5秒で飛んでくる、そしてボールを見た瞬間反応し、0.38秒で構えに入れば0.12秒余るので少し余裕がある





・・・・とも限らない。


続きは次の記事にて。

 

ゲームカウント4-4。
自分のサービスゲーム。
0-40
デュースに持ち込む為には3連続ポイントが必要。
0−40から、1点取って15−40から、2点取って30−40から、
あなたはどんなサーブを選択しますか?
スクリーンショット 2019-07-20 22.42.33
 

今日の話はメンタル・心理学の話です。
0−40という絶望的な状況でどんなプレーをするべきか、またどんなこと精神状態でいるのがベストなのか私なりの方法をお伝えしたいと思います。


0−40が起こる確率と挽回できる確率

スクリーンショット 2019-07-20 23.28.23
そもそも0−40はどのくらいの頻度で訪れるのでしょうか。
試合の展開や運を除いて純粋に確率だけで考えるとしたら、0−40になる確率はおおよそ12%〜5%くらいです。サーブ力があればあるほど0−40になりにくくなります(当たり前ですが)。

・2試合に1回くらい0−40になる 
・0−40になっても12%〜25%くらいは挽回できる

と思っておくといいと思います。


 
デュースまでの3ポイント分どんなサーブを打つか決めておく


0−40から打つサーブ、15ー40から打つサーブ、30−40から打つサーブ
どんなサーブを打つかは決めておくことをお勧めします。
後述しますが、私は微調整はあるものの3本ともファーストサーブ、入らなかった場合のセカンドサーブをどう打つか決めています。

重要なゲームで劣勢になると人間は混乱してしまいがちです。
特に試合経験が少ない人ほど混乱は大きくなります。
そして誤った判断をしてしまうのです。

だからこそ「0−40になった、じゃあこのパターンでいこう。だめならしょうがない。」という具合のいい意味での開き直り、諦観が必要なのです。

 
相手はきっとこう思っている


試合終盤の0−40、試合を決める絶好のチャンス。
相手はきっとこんなことを考えています。

・3回チャンスがあるからこのゲームは取れそうだ。
・1回くらいミスしても大丈夫だな。 
・セカンドサーブはダブルフォルトしないように安全に入れにくるだろうな。



要は心に余裕がある状態です。
無理して攻める必要もなく、チャンスボールがあれば思い切ったショットも打てるでしょう。

しかしこれが2本返して30−40になったらどうでしょうか。

・このポイントを取らないと。デュースにしたくない。
・このゲーム取れるはずだったのに、まずい。
・自分からミスしたくない。とにかくリターンを返そう。


まだリードにもかかわらず心が乱され始めるでしょう。
30−40の時点で精神的に優位に立てます。
 
万が一このゲームを逆転で取れたら相手のメンタルにかなりのダメージを与えることができます。

人間行動学のプロスペクト理論では人間は得たものよりも失ったものの方が2〜2.5倍影響を受けるという研究結果が出ています。
 
1万円を拾うことより一万円を落とすことの方が心に受ける影響は大きい、みたいなことです。

取れるはずのゲームを取れないと心のダメージは大きいのです。 

 
私がこの状況を迎えたら 


もし私が0−40になったらまずはセンターに60%くらいの確率で入るようなちょっとスライス気味のフラットでエースを狙いに行きます。セカンドになった場合も同じコースにちょっと回転を増やしてあわよくばエースを狙います。

スクリーンショット 2019-07-21 3.58.12
意図としては3ポイント連取するために攻撃的にいくぞ、という意思を相手に伝えることです。セカンドもファーストと同じコースを狙うのでミスしにくい。ファーストをセカンドの練習に使う感覚です。ちなみにこの後の2ポイントはエースは狙いません。あくまで印象付けをするためにこのサーブを打ちます。



15ー40になりました。
次に打つサーブはセンター気味にスピード重視のサーブ。70%くらいで入るようにあまりコーナーは狙いません。セカンドは逆にスピードが出ないように高く跳ねるスピンサーブを打ちます。
スクリーンショット 2019-07-21 4.13.03
意図は緩急をつけること。ファーストで速いスピードで打つことで相手に強打させず、あわよくばリターンミスを狙います。セカンドはあえて高く弾ませることを重視して打つことでタイミングをはずしにいきます。

30−40になりました。
最後は迷わずボディに打ちます。セカンドもスピード重視のトップスライスをボディに打ちます。
スクリーンショット 2019-07-21 4.26.34
ここまでくれば相手はいろいろ迷ってきていると思います。とことん迷わせます
0−40で打ったセンターも頭にあると思うので判断ミスを誘えるボディにしっかり打ち込むイメージで打ちます。回りこめるかどうか一瞬でも迷ってくれればOKです。


 と、こんな感じで私なら打ちます。
しかしこれはあくまで私の考えるパターンです。これが正解ではありません。


でも、0−40になったらどうするか、考えておくこと。

普段のサーブ練習で、そのパターンをしっかり練習しておくこと。

実戦で試してみること。

うまくいかなかったら他の方法を考えてみること。

うまくいったら覚えておくこと。

そして大事な試合で、うまくいったことを思い出してその通りにしてみる。



準備しておいて、損はありません。 

それではまた、よいテニスライフを。 

↑このページのトップヘ