テニスのツボ

超理系な現役テニスコーチによるテニス情報ブログです。 「誰かに話したくなる」ようなテニス雑誌にも載っていないような 超マニアックなことをお伝えしていきます。 トッププロの情報や自身の選手活動も定期的に更新中です。

タグ:錦織

テニスの試合中や、大会のサイトでスタッツって見れますよね。
スクリーンショット 2019-08-16 22.43.40
こんな感じの。
ちなみにこれは先日のシンシナティ2回戦のスタッツです。
西岡が7−6(2) 6−4で勝利した試合です。
これを見るとおおよそ西岡の方がサーブが安定していたんだな、とか試合は競っていたけどトータルだと結構差が付いているな、とか分かります。

でも、このスタッツではどこのサイトを調べても私が本当に知りたいデータは出てきませんでした。



私が知りたいこと。それは
テニスで1試合やるとそれぞれのショットをどれだけ打つのか



つまり、1試合でストロークを何回、サーブを何回、ボレーを何回打つのか調べればそれに応じた割合で練習すると効率的なんじゃないかと思ったのです。

調べても分からないなら自分で数えてみよう、と思い1試合丸々観戦しながら調べてみました。

今回調べた試合

 今回調べた試合は次の2試合です。

・2019モントリオール(マスターズ1000)
2回戦 錦織圭7−6(6) 2−6 (5)6−7R.ガスケ
 錦織圭がマッチポイントを握りながら惜敗した試合。

・2019シンシナティ(マスターズ1000)
2回戦 錦織圭(2)6−7 4−6西岡良仁
錦織と西岡の初対戦で西岡が終始優勢に進めた勝利した試合。

この2試合のデータを調べてみました。

データの取得方法

先ほど書いた通り、私が欲しいデータはどこにも出てきません。

であれば調べる方法は一つ。

 スクリーンショット 2019-08-16 22.02.19
試合を見ながらエクセル(numbers)に手入力です。

サーブを打ったのは誰か、ファーストサーブが入ったか、ラリーがどのように終わったか、ラリーが何回続いたかを入力するとなんやかんや計算され自動でスコアやポイント取得者などが計算されるようになっています。 

ラリーが続いた回数は、プレーヤーが触った数として計算しています。
サービスエースならサーバーしか触っていないので1回
サーブをリターンが返せなければ2回といった数え方です。

プレーヤーが打った数は何回か

 [錦織vsガスケ]

トータルポイント
錦織121 ガスケ124 合計225 

総打球数

錦織629 ガスケ609 合計1238


 [錦織vs西岡]

トータルポイント
錦織68 西岡79 合計147 

総打球数

錦織383 西岡353 合計736

ガスケ戦は3セットだった上にタイブレークが2回だったのに対して、西岡戦は2セットで終わったのでトータルポイント、総打球数も増えています。

この2試合で行われた5セットを5で割ると1セットマッチ当たりの平均が出ますね。

(225+147)÷5=74.4 
(1238+736)÷5= 394.8

つまり1セットマッチだと74ポイントくらいで終わって、395回くらい打つ(1人あたり198回くらい打つ)ということが分かりますね。もちろん2試合しか検証していないですし、プレースタイルによっても変わるでしょう。

なぜ2人の総打球数に差が出るのか

テニスは2人で交互に打つスポーツなのにガスケ戦は20回、西岡戦は30回も多く錦織は打っています。
考えられる原因は4つあります。

[悪い要因]
・ファーストが入らない
・ミスが多い
ファーストが入らないとセカンドを打たないといけないのでその分打球が増えます。またミスをすると相手は打たずにポイントが終わるので同じく打球が増えます。

[良い要因] 
・サービスエースが多い
・ウイナーが多い
相手に触らせずに決めればその分こちら側の打球は増えます。これは多くてもいい要因ですね。

要するに「良くも悪くも自分が原因で終わるポイントが多いと打球数は相手より増える」ということです。言い換えれば攻撃的なテニスは相手より多く打つ必要がある、とも言えます。

スクリーンショット 2019-08-17 0.32.57
ガスケ戦はファーストの確率は上回っていたのですが、ウイナー、ミスはガスケより多く、西岡戦はファーストの入りもウイナー、凡ミスも上回った結果錦織は相手より多く打っています。
(凡ミス=アンフォースドエラー、ミス=フォースドエラーです。入力が大変なのでこの表記にしています。) 

打球数が多くてもウイナー、エースが多ければ勝てますし 、これは試合の結果には関係ない指数ですので、そこは間違えないようにしましょう。


どのショットを何回打ったか 

 ではいよいよどのショットを何回打ったか計算してみたいと思います。
まずはガスケ戦の錦織選手の打ったショットです。上の表と見比べながら見てください。

・ファーストサーブ
自分のサーブでは必ずファーストサーブを打ちますのでサーブ総数の128回がファーストサーブを打った数です。

・セカンドサーブ
 表の通り45回です。

・サービスリターン
リターンを触った数で考えるなら相手が打ったサーブの総数からサービスエースとダブルフォルトを引いた数です。サービスエースとダブルフォルトはこちらは触りませんからね。
サーブの総数117回から表にはありませんがサービスエース11回とダブルフォルト3回を引いた103回がリターンをした数です。 ファーストとセカンドに分けるならファースト51回、セカンド52回となります。

・ボレー 、スマッシュ
 フォアボレー4回、バックボレー5回、スマッシュ2回でした。今回の計測では「最後に触ったショット」を対象としたので「スマッシュを打ったけど返された」みたいなのはカウントされていません。ただボレー、スマッシュは半数以上は触られずに決まるので、概算ですがフォアボレー8回、バックボレー10回、スマッシュ4回とします。

・ストローク
総打球数の629からサーブ、リターン、ボレー、スマッシュを引いたのがストロークを打った数です。それぞれ引くと331回です。フォアハンドとバックハンドの比率は概算ですが
フォア:バック=4:5
でしたのでフォアハンド147回、バックハンド184回 とします。

つまり錦織選手が打ったボールは多い順に
バックハンド184回
フォアハンド147回
ファーストサーブ128回
リターン103回
セカンドサーブ45回
バックボレー10回
フォアボレー8回
スマッシュ4回
ということです。

ガスケ、西岡の比率

同じ計算方法でガスケ、西岡、西岡戦の錦織も調べてみます。
スクリーンショット 2019-08-17 1.56.39
これだけ見てもなんだか分かりませんね。

そもそも私が知りたかったのは
「1試合やるとどのショットをどのくらい打つのか」
でした。

そこでショットを「サーブ」「リターン」「ストローク」「ボレー・スマッシュ」の4系統に分け、平均を取ってみました。

1セットマッチの各ショットの回数


スクリーンショット 2019-08-17 2.12.08
1セットマッチをやると、ストロークは101回、サーブ55回、リターン36回、ボレー6回くらいする計算になります。割合にすると
サーブ   28%
リターン     18%
ストローク 51%
ボレー    3% 
となります。思ったよりサーブとリターンの比率が高いので、練習時間の4割くらいはサーブリターンに充てるといいのかな、とも思います。


まとめ
今回はシングルスで調べてみましたが、ダブルスだともっとボレーの比率が増えるでしょうし機会があれば調べてみたいと思います。めっちゃしんどそうだけど・・・。

それではまた、よいテニスライフを。

ウィンブルドンが終わりましたね。
男子はジョコビッチ、女子はハレプが優勝しました。
日本の錦織選手は準優勝のフェデラーに負けベスト8。
昨年から続いていたグランドスラムで優勝者に負ける連続記録は4でストップしました。 


ハードでジョコビッチに当たり、クレーでナダルに当たり、グラスでフェデラーに当たる。

ドロー運と言ってしまえばそれまでですが、どうにかこの3人と当たらないようにするただ一つの方法。

世界ランキング4位になること

全米オープンが始まる前までに4位になることができればこの3人と準決勝まで当たりません。

ちなみに現在のトップ10は

1位 ジョコビッチ 12415p
2位 ナダル     7945p
3位 フェデラー   7460p
4位 ティエム    4595p
5位 A.ズベレフ   4325p
6位 チチパス     4045p
7位 錦織圭     4040p
8位 カチャノフ   2890p
9位 フォニーニ   2785p
10位メドベージェフ 2625p



 現在7位ですが4位のティエムまで555p差につけています。
3位からはポイントが離れすぎているのでほぼ逆転は無理。
一方8位には1150p差をつけているので実質
ティエム ズベレフ チチパス 錦織
の4人で全米の第4シードを争うことになりそうです。


じゃあ全米オープンまでに錦織選手は他の3人よりも555p以上多くポイントを取らないと逆転できないってこと?

いや、ちょっと違うんです。


テニスはランキングポイントが1年間で失効するので、昨年の8月に多くポイントを取っていた選手は今年それ以上に稼がないとポイントは上積みされません。逆に昨年いまいちだった場合、今年は取ったポイント分だけ上積みされるのです。

解りやすいように表にまとめました。
スクリーンショット 2019-07-16 0.37.13
※ATP500は出場したうち上位4大会のポイントが反映されます(ざっくりとした説明なので厳密に言うと違います)。ズベレフは昨年のワシントンで500p得ましたが、もしそれを失効してもミュンヘンの45pが足されるので暫定的に500−45で455pの失効が見込まれる、ということです。同様にチチパスもワシントン180pーモンテカルロ90pで90pの失効です。


全米オープンまでに失効するポイントと失効後のポイントです。
もしも4人とも全米まで1試合もしなかった場合には赤文字のポイントになります。

ティエムと錦織は昨年8月ほぼ勝てていないので、ポイントはあまり失効せず有利です。
対してチチパスとズベレフは失効が大きいのでやや不利になります。

というわけでまとめると実質的な順位は

4位 ティエム  4585p +600p
5位 錦織   3985p
6位 チチパス 3765p ー220p
7位 ズベレフ 3680p ー305p

 

つまり錦織選手は夏の2〜3大会で最低600p以上稼ぎ、そこからティエムよりも多く稼ぐとランキング4位になる!ということでした。


まとめ
本当は昨年の失効が少ない錦織が有利だよ〜、という内容にしようと書き始めたのですが思ったよりもティエムが昨年稼いでいなかったので締まりのない結論になってしまいました。とはいえ、5位は射程圏内ですし、欠場が出るかもしれないですし、上げていける時にはあげていきたいですね。



それではまた、よいテニスライフを。 

ウィンブルドンのドローが発表となりました。

錦織圭は第8シード。

大坂なおみは第2シード。

他にも西岡良仁、予選から杉田祐一と内山靖崇など複数の日本人が出場します。 


 
これがそのドロー表です(3回戦から)
スクリーンショット 2019-06-28 23.47.37
 
これはドロー運的には

最悪のドローです 


(テニスの実力的なことではなく、あくまでドロー運の話です)


細かいドローの決め方はまた今度記述するとして、今回錦織が入った第8シードでは1回戦、2回戦はノーシード選手との対戦。3回戦から次のようになるようにドローイングされます。

[5〜8シード選手の組み合わせ]

3回戦 25〜32シードのどれか
4回戦 9〜12シードのどれか
準々決勝 1〜4シードのどれか
準決勝 準々が1、2シードなら3か4シード、3、4シードなら1、2シード
決勝

という風になるように決まっています。

要するに、3回戦では32シードとの対戦を引くのが一番よくて、25シードとの対戦が一番厳しい、というような見方をすると、今回の錦織がどのくらい最悪かわかります。

[錦織圭の組み合わせ] 

3回戦 25シード デミノー(最悪)
4回戦 9シード イズナー(最悪)
準々決勝 2シード フェデラー(たぶん最悪)
準決勝 3シード ナダル(最悪)
決勝
 
ほぼ全部最悪を引くという神ドローならぬ地獄ドローです。

3回戦、4回戦は共にビッグサーバーとの対戦となりそうです。
しかしイズナーは怪我がち、デミノーも安定感はないのでどうにかなるかも。


そして準々決勝。ちなみに第1シードのジョコビッチではないので、ランキング的には最悪ではありませんでしたが、

芝のフェデラー

の方が個人的には最悪かと。

そして準決勝は3シードの方を引く(しかもランキングはナダル2位)


完璧にフルコンボ決まりました。


ちなみに直近の四大大会ではことごとく準々決勝で厳しくなるドローを引き続けています。


全仏オープン    準々決勝

クレーのナダルに敗れベスト8(ナダルが優勝)

全豪オープン    準々決勝

ハードのジョコビッチに敗れベスト8(ジョコビッチが優勝)

全米オープン    準々決勝

錦織は怪我でランキングを落とし21シードとして迎えました3回戦で第4シードのズベレフのドローでしたが、幸運なことにその前にズベレフが敗れ、準々決勝で第7シードのチリッチに勝利し準決勝進出!しかしそこで同じくランキングを落としていた第6シードの
ハードのジョコビッチに敗れベスト4(ジョコビッチが優勝) 


という具合にことごとく優勝者に阻まれ続けています。


まぁランキングだけで勝負が決まるわけではないですし、フェデラーがもし早期敗退すればベスト4も可能性がないわけではないですからね。
 
もう日曜から本戦始まりますので1回戦から楽しんで観戦したいと思います。
(個人的には1回戦でコールシュライバーを引いたジョコビッチの試合が楽しみですw)


それではまた、よいテニスライフを。 

年に1回の国内でのATPツアーである楽天オープンの情報が一部出てきましたので、日程、出場選手、チケット情報をお伝えいたします。
【公式ホームページ】

IMG_0918
●日程
2019年9月30日(月)〜10月6日(日)
●ドローサイズ
男子シングルス32 ダブルス16
●会場
有明コロシアム

昨年はオリンピックに向けてコート改修の為別会場でしたが、今年は有明にで行われる予定です。
工事を受注していた業者が倒産し、開催が危ぶまれていましたが問題なく開催されそうです。


●出場選手
N.ジョコビッチ
錦織圭
S.ワウリンカ


なんと今年はジョコビッチが参戦予定です!今のところ3人しか発表されていませんが、今から楽しみですね。

楽天オープンと同じ週に北京でATP500の試合があるのですが、ジョコビッチ、ナダル、マレーといった世界トップクラスの選手は北京に出る選手が多かったです。
その理由として最も考えられるのは「翌週に上海マスターズがあること」です。
 
楽天(日本)→上海(中国)
よりも 
北京(中国)→上海(中国)
のほうが移動距離を考えると明らかに楽ですよね。


またあまり知られていませんが、賞金総額も同じATP500なのに倍近く違います。

楽天オープン 賞金総額 約204万ドル 優勝賞金 約39万ドル
北京オープン 賞金総額 約367万ドル 優勝賞金 約74万ドル


以上の理由から
移動の負担を軽減して上海に備えたい→北京参戦
上位が出てない大会でポイントを稼ぎたい→楽天参戦
という傾向が強く現れていました。
(キリオスなどは日本が好きだから出てるよ、とか言ってくれる選手もいます。嬉しいですね!)


それなのにどうしてジョコビッチは楽天参戦を決めたのでしょう。

理由はこれしかないと思います。




東京オリピッ




そうです。ついに来年に迫った東京オリンピック制覇を狙っての参戦だと思います。

四大大会を全て優勝することをグランドスラムといいますが、それにオリンピック優勝を加えた5大会を同一年に全て優勝することをゴールデンスラムと言います。
 


ゴールデンスラム達成者

シュティフィ・グラフ(ドイツ)

男女、単複通じてただ一人です。




そして同一年に限らず5大会優勝することはキャリアグランドスラムと言います。
 



キャリアゴールデンスラム達成者 (男女シングルスのみ)


アンドレ・アガシ(アメリカ)
ラファエル・ナダル(スペイン)
セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)

の3人です。(ちなみにグラフとアガシは夫婦です。すごい一家だ・・・)





ジョコビッチは2015年の全英から全米、年が変わって2016年全豪と連続優勝、さらに全仏で初優勝し4大会連続優勝でキャリアグランドスラムを達成し、まさにノリにノッていました。
そしてついに男子初のゴールデンスラマー誕生か!?と注目されて臨んだ全英でまさかの3回戦負けを喫し、連続優勝が途絶えました。

さらにキャリアグランドスラムをかけたリオオリンピックでは、1回戦でデルポトロと当たる不運もあり1回戦負け。結局2016年はオリンピック後、1つも優勝できず不完全燃焼な1年になってしまいました。

こういった前回オリンピックの教訓があったからこそ、東京オリンピック会場である楽天オープンへの参戦を決めたのだと思います。



ということで楽しみが増えた楽天オープン。
もしかしたら、ジョコビッチの他にもオリンピックに重きを置いている選手が出場するかもしれませんので、公式サイトを定期的に見てみることをお勧めします。


●チケット日程
パッケージシート(3日共通券、1週間共通券など)
1次抽選 6月29日〜7月7日
2次抽選 7月13日〜7月16日

1日券
先行抽選  8月3日〜8月12日
一般発売 8月24日〜

詳しくは公式ホームページしてご確認ください

[楽天オープン公式HP]
 

↑このページのトップヘ