テニスのツボ

超理系な現役テニスコーチによるテニス情報ブログです。 「誰かに話したくなる」ようなテニス雑誌にも載っていないような 超マニアックなことをお伝えしていきます。 トッププロの情報や自身の選手活動も定期的に更新中です。

タグ:錦織圭

シンシナティ始まりましたね。

記事を書いている段階では錦織圭VS西岡良仁の日本人対決を待っている段階です。
どちらが勝つか楽しみです(^^)

さて、全米オープン第4シードへの道シリーズも最終局面です。

前回の記事で今回のシンシナティで
錦織圭が優勝すること
ティエムが初戦敗退すること
が全米オープン第4シード(ランキング4位)の条件という風に書きました。

かなり厳しい条件ですが、ここにきて追い風が吹いてきました。


ティエム シンシナティ欠場

第4シードを争うティエムが発熱によりシンシナティの欠場を表明しました。
シンシナティで1勝すれば全米の第4シードが確定する状況にも関わらず欠場ですので、相当体調が悪いのでしょう。
錦織圭かズべレフが優勝しないだろう、という予測で休んだ可能性もあります。

とりあえず条件のティエムが初戦敗退は確定しました。
あとは錦織圭が優勝すれば、全米オープン第4シード確定です。



ボトムハーフが壊滅

スクリーンショット 2019-08-14 22.34.09

これがシード選手のみを書いたドローです。
(灰色は既に敗退、もしくは欠場)
トップハーフはフォニーニの欠場はありますが、ジョコビッチかフェデラーのどちらかが勝ち上がりそうな厳しいドロー。
一方ボトムハーフはティエムの他に先週のモントリオールで優勝したナダルも疲労により欠場。
さらにチリッチも初戦敗退とトップハーフに比べるとかなり楽なドローなのは間違いありません。

順当なら
2回戦  西岡良仁
3回戦  デミノー
準々決勝 ゴファン
準決勝  A.ズべレフ

の対戦順に、さらにシードダウンが起きればもっと楽な組み合わせになります。
本来なら準々決勝ナダル、準決勝ティエムだったと考えるとまたとないチャンスです。

条件まとめ


スクリーンショット 2019-08-14 22.48.21


錦織圭優勝
4位
錦織圭優勝以外
5位 ただし
・ズべレフより先に負ける(同じラウンドならok)
・チチパスが優勝し、錦織がベスト4以下
・メドベージェフが優勝し、錦織がベスト8以下

を満たすごとに1ランクダウン。

チチパスとメドベージェフが同時優勝することはないので大会終了後のランキングはほぼ5位か6位で確定。優勝したら4位となります。チチパス、メドベが活躍しても7位はキープ出来ます。

おっと、そろそろ錦織vs西岡が始まるのでこの辺で・・・



それではまた、よいテニスライフを。 

先日書いた錦織選手の動向の続きです。 今週行われているロジャーズカップ(モントリオール)で、錦織選手はR.ガスケ選手に2回戦で敗退してしまい、10pの獲得にとどまりました。第4シードを争うズべレフ、ティエム、はベスト8で180p獲得と若干差をつけられてしまいました。

それに伴う来週発表のランキングです。   

           1位 ジョコビッチ 12325p
 2or3位 フェデラー   7460p
 2or3位 ナダル     7305p
                                       (+0〜640p)
   4位 ティエム    4925p
   5位 錦織 圭    4040p
   6位 A.ズべレフ   4005p
 7位候補 チチパス    3455p
      メドベージェフ 2990p
                                       (+0〜640p)
      カチャノフ   2890p
                                       (+0〜640p)

ナダル、メドベージェフ、カチャノフは今週の大会でまだ勝ち残っているので暫定です。ナダルは次の準決勝に勝つと2位になります。メドベージェフとカチャノフは優勝すると7位、どちらも優勝できなければチチパスが7位になります。

 
全米オープンの第4シードは



全米オープンの第1〜3シードは欠場が出なければジョコビッチ、フェデラー、ナダルの3人で決定です。
第4シードになる可能性があるのはティエム、錦織、ズべレフの3人です。
スクリーンショット 2019-08-11 2.14.51
赤が現在のポイントです。
ティエム4925pに対し、錦織とズべレフは3995pと930p差があります。
シンシナティの優勝ポイントは1000pですので、錦織選手が第4シードを取るためには
●錦織が優勝すること
●ティエムが初戦敗退すること

が条件となります。ティエムが初戦勝った時点で90p入るので第4シードが決定します。

ですので現実的には第5か第6シードになるでしょう。

因みにズべレフと同点になった場合はグランドスラムでの成績が優先される、というルールがあるのでおそらく錦織が上位になるはずです。(英文の翻訳ミスかもしれないのでちょっと微妙ですが)

チチパス、メドベージェフ、カチャノフが優勝するようなことがあれば逆転されることも考えられますが、少なくとも第8シードより下になることはなさそうです。 

とりあえずは全米よりもシンシナティが始まりますので、そちらを応援したいと思います。


それではまた、よいテニスライフを。 

私はよくYouTubeでテニスの動画を見ているのですが、先日ATP公式チャンネルで錦織圭選手のスーパープレー10選的な動画がアップロードされていたので見たのですが、一風変わっていたのでご紹介いたします。




まず最初に紹介されているのはクラッチショット(股抜き)。
IMG_0955
ロブで抜かれたボールを追い越して足の間から打ったボールは

IMG_0960

高い軌道で相手の上を超え
IMG_0972

ベースライン付近に着弾。


次はフェデラーに回り込んで打ち込まれた強烈なリターンを
IMG_0973

ハーフボレーのように面を合わせ
IMG_0974
IMG_0975
IMG_0976
サイドライン一杯にコントロール。

他にも色々あったのですが、10選のうち8つまでがハーフボレーやドロップボレーなどタッチ系のショット。


IMG_0977
IMG_0979
こんなボレーや

IMG_0980
IMG_0981
こんなボレー


残りの2つはバックハンドの強烈なパッシングショットだったのですが2つとも
IMG_0969
IMG_0968

IMG_0982
IMG_0983
IMG_0984
片手打ちバックハンドのものでした笑


他の選手もスーパーショット10選みたいな動画があるのですが、ほとんどが追い込まれてから打った強烈なカウンターショットが中心でこんなにタッチ系ショットばかり取り上げられているのは錦織選手だけです。


つまり海外では私たちが思っているのと同じかそれ以上に「錦織は追い込まれてからのタッチや意外なプレーがすごい」と思われているということなのでしょう。

この記事執筆時は丁度錦織選手のウィンブルドン4回戦が始まる直前です。

期待して観戦したいと思います。


それではまた、よいテニスライフを。



↑このページのトップヘ